植松三十里さん<1>友人の親に頼み「an・an」でアルバイト

公開日: 更新日:

 2003年「桑港(サンフランシスコ)にて」で、第27回歴史文学賞を受賞。本人は「遅咲きだ」と強調し、「おばさん四十八歳 小説家になりました」という自伝もある。その後、数々の文学賞を受賞したが、もともとは出版社に勤める会社員だった。

「本を読んだり空想するのが好きでした。夢見がちな少女で、雨の降る庭を眺めながら『雨だれのなかに妖精がいる』と思ったりとかね。その頃から“お話を書く人”になりたいと思っていました」

 大人になるにつれて父親が買ってくる松本清張などのベストセラーやエンターテインメントを読むようになったが、もともとは児童文学を熟読するような少女だったという。

「女子高生の時には有吉佐和子さんの『恍惚の人』を読んで、将来はこういう作家さんになりたいなって思うようになったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る