小島慶子さん<2>見た目で判断される“女子アナ”に違和感

公開日: 更新日:

 念願通りアナウンサーとなったが、新人時代は“問題児”だった。入社して間もない4月に、先輩アナウンサーの長峰由紀さんが司会を務めるBS番組に出演。「4月に入社した小島慶子です!よろしくお願いします!特技は華道です!」と挨拶した。この頃から「すでに調子に乗っていました」と振り返る。5月に企業研修、6月にアナ研修を行い、7月3日に全国ネットの番組への出演が決まっていた。

「6月の1カ月間は、発声練習、フリートーク、ニュース原稿読み、実況など、先輩アナウンサーからみっちり指導されました。1カ月の半分くらいは、他局と合同で研修です。そのため人数も多くて、1人ずつ原稿を読み上げていると、待ち時間も長い。聞くのも勉強なのでしょうが、飽きちゃって……。順番待ちの間は、授業中にもかかわらず、就活でお世話になった方へのお礼状を書いていました。同期とふざけて笑ったりしたこともありましたね。『こんな新人、前代未聞です!』と、えらく怒られた記憶もあります。良き新人アナではありませんでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る