小島慶子さん<3>お涙頂戴に仏頂面で大物司会者と共演NGに

公開日: 更新日:

 入社3年目になると、ひと通りの仕事はこなせるようになってきた。日の当たらない“番宣”にも前向きに取り組んだ。

「新番組の紹介って、当時は“二軍”のディレクターとアナウンサーがやるものだという暗黙の了解みたいなものがあったんです。私も一時期は番宣ばかりやっていました。でも、それが私にはとても楽しかった。たとえ10分番組でも、ディレクターと一緒にひとつのものを作り上げることに、やりがいを感じていました」

 アナウンサーという立場にこだわらず、企画もどんどん提案。それが意外な縁を引き寄せることになった。

「ある日、『世界ふしぎ発見!』の番宣で、メーク室にいる出演者に探検隊の格好で突撃インタビューすることになりました。でも、それだけではつまらない。ほふく前進をしながらメーク室へ行くことにしたのです。顔に泥のメークもして、床を這って。そんな姿を見た『世界ふしぎ発見!』のスタッフが、ミステリーハンターをしませんかと声をかけてくれました。ただ、局アナが2週間も海外ロケに出かけるのは前例がなく、すぐにはオーケーが出なくて……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る