近藤サトさん<1>「私も会社を選ばせてもらいます」と主張

公開日: 更新日:

 1991年に入社したフジテレビで看板アナとして活躍。「FNNスーパータイム」など報道番組でキャスターを務めた。98年9月に退職。現在は母校の日本大学芸術学部の放送学科で特任教授に。40代後半から白髪染めをやめていて、エッセー集の「グレイヘアと生きる」(SBクリエイティブ)も話題だ。

  ◇  ◇  ◇

「出身は岐阜ですが、幼いころから東京・高輪にある親戚の家に遊びに行ってたこともあり、大人になったら東京で働きたいという気持ちが強かったですね。高校生のころは俳優さんもいいなと思っていました。派手な仕事をしてみたかったから。とはいえテレビっ子でしたから、映像の勉強がしたくて日芸の放送学科を選択。映画学科も受験していたんですが、監督コースは落ちてしまったんです」

 就職活動はバブル絶頂期で超売り手市場だった。ただし、テレビ局は人気ランキングの上位にあり、中でもアナウンサーは激戦区だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る