なぜ広島は冬の旬食材「カキ」の生産量が日本一なのか?

公開日: 更新日:

 ようやく冬本番。寒くなると食べたくなるものといえば「カキ」だ。

 真ガキの旬は11~3月。この期間は生食でも楽しめる。東京・銀座の「ひろしまブランドショップTAU」では、今年で8回目となるオイスターバーが12月8日まで金・土・日曜限定で開催中だ。

 提供されるのは、塩田跡の養殖池で熟成された「クレールオイスター」や、通常の1.5倍の大きさの三倍体カキ「Zオイスター」など。産地直送のこだわりの生カキが1粒400円から楽しめるとあって、毎年人気のイベントとなっている。

 それにしても、広島=カキのイメージは強い。実際、日本最大の生産地で、2017年は全国のカキの総生産量の62.7%(1万8708トン=むき身)を広島産が占めた。2位の岡山県が3010トンだから6倍以上、圧倒的なシェアである。

 日本全国、カキの養殖地は他にもたくさんあるのに、なぜ広島はここまで断トツのカキ王国なのか? 広島県水産課の飯田悦左課長に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る