嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

仲卸3代目が営む築地「地下の粋」はオイスターパラダイス

公開日: 更新日:

 築地4丁目交差点の角のビルの地下に牡蠣専門店「地下の粋」はある。

 オイスターバーと呼ぶようなオシャレなたたずまいではない。飲食店街の入り口ドア横の人が行き交う通路にはみ出して、簡易なテーブルと丸椅子が配されており、そこで牡蠣を食べるのだ。通って7、8年になるが、常時10種類前後の新鮮な牡蠣をリーズナブルに満足いくまで食べられる。冬場は真牡蠣、夏は岩牡蠣をメインにそれらが混在する季節のグラデーションを感じるのも楽しい。

 オーナーの片又孝幸さんは仲卸水産会社の3代目だ。病院や保育所に食材を卸しながら、築地のビルの1階で小売りの魚屋も営んでいた。その魚屋の場所を2008年から夜は居酒屋として営業し始めると、折からのブランド牡蠣ブームで、全国各地の牡蠣人気が沸騰。そこで空いていた地下のラーメン屋跡を新たに牡蠣専門店にしたらさらに当たった。牡蠣が当たるのはよろしくないが、店が当たるのは小気味がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  9. 9

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る