ミシュラン12年連続3つ星・すきやばし次郎落選までの狂騒

公開日: 更新日:

 29日発売の「ミシュランガイド東京2020」から寿司店の「すきやばし次郎」(本店・銀座)が外された。一般客の予約ができなくなったことが理由だ。

 同店は2008年から3つ星を獲得し、11年には米国人監督が創業者の小野二郎氏(94)を追った映画「二郎は鮨の夢を見る」も公開。14年にオバマ大統領と安倍首相が食事したことでも有名になったが、客席が10席しかなく、予約が取りにくいとの理由で今は一般の予約を断っている。

「二郎氏は世界に日本の食文化を伝えた功労者。高齢のため、常連さんと高級ホテルのコンシェルジュで予約したお客しか相手できないのでしょう」(外食ジャーナリストの中村芳平氏)

 現在の人気はイメージ戦略のたまものとの声もある。覆面料理評論家の友里征耶氏が言う。

「すきやばし次郎は20年前に、料理評論家の山本益博氏らが盛んに宣伝したことで知名度が上がりました。オバマ大統領の来日前から人気が過熱し、二郎氏は神様扱いされた。現在は、1人4万円のおまかせコースのみ。ただ、それだけの価値があるかは人それぞれ。お客さんに目隠しをして次郎と他店の寿司との食べ比べをさせたら違いは分からないはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る