猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

岸田劉生は最初ゴッホのような絵を描いていた

公開日: 更新日:

 有名画家の“知られざる一面”シリーズ。今回から岸田劉生(1891~1929年)を取り上げたい。何かとネタが尽きない作家でもある。

 劉生といえば、読者はすぐさま《麗子像》を連想するだろう。しかし初期の頃はゴッホのような絵を描いていた。

 劉生は美術学校には行っていないが、絵はうまかった。18歳の頃から葵橋洋画研究所(美術学校の予備校)で黒田清輝に習った。うまいから展覧会にも出してもらったが、自分では何か物足りなかったようだ。ある日、雑誌「白樺」に載っているゴッホに衝撃を受けて、ゴッホのような絵ばかり描くようになった。

 もちろん模写ではなく、エッセンスや精神を取り入れたといった方がいいかもしれない。これが重要で、絵というものはうまく写生するという行為だけでなく、“自分の好きな物を好きなように描く”行為に変えていったのだ。これをきっかけに制作意欲は止まらず、セザンヌやデューラーらも取り入れ、試行錯誤の結果、麗子像に代表される神秘的な写実の世界に到達するのであった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る