猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

近代洋画の父・黒田清輝は法律家をめざしていた

公開日: 更新日:

 日本近代洋画の父といえば、黒田清輝(1866~1924年)だが、初めは絵描きをめざしていなかった。父は、薩摩藩奉行役から明治政府の官僚になった人物で、黒田は英語と法律を学んでいた。明治17年にフランスに渡ったのは、法律の勉学のためだった。ところが、先にパリにいた画家たちに「君が法律を学ぶよりも、絵を学びたる方、日本のため」と勧められ、画家をめざすようになる。

 若い頃に半年ほど絵を学んだ時期があり、「絵の下地がある」と言われたことも影響したようだ。当然、父は反対する。官僚の父が、法学のために留学させたのに絵描きになりたいと言われたら、「絶縁だ!」と怒ってもおかしくはない。しかし、周辺の人たちの勧めもあり、父親は理解していったようである。

 その後の黒田の活躍は目覚ましい。明治24年、フランスのサロンで《読書》が入選し、翌々年に描いた《朝妝》も入選する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る