猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

近代洋画の父・黒田清輝は法律家をめざしていた

公開日: 更新日:

 日本近代洋画の父といえば、黒田清輝(1866~1924年)だが、初めは絵描きをめざしていなかった。父は、薩摩藩奉行役から明治政府の官僚になった人物で、黒田は英語と法律を学んでいた。明治17年にフランスに渡ったのは、法律の勉学のためだった。ところが、先にパリにいた画家たちに「君が法律を学ぶよりも、絵を学びたる方、日本のため」と勧められ、画家をめざすようになる。

 若い頃に半年ほど絵を学んだ時期があり、「絵の下地がある」と言われたことも影響したようだ。当然、父は反対する。官僚の父が、法学のために留学させたのに絵描きになりたいと言われたら、「絶縁だ!」と怒ってもおかしくはない。しかし、周辺の人たちの勧めもあり、父親は理解していったようである。

 その後の黒田の活躍は目覚ましい。明治24年、フランスのサロンで《読書》が入選し、翌々年に描いた《朝妝》も入選する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る