【穴子と豆腐の柳川鍋】冷房で冷えた体がじんわりと温まる

公開日: 更新日:

 だしの香りと湯気が食欲をかきたてる。暑いからと、冷たいものばかり食べていたことを思わず反省。身も心もほっこりと温まる一品だ。

 甘じょっぱいふわふわの煮穴子と、アツアツの豆腐を、卵が優しく包んでいる。ゴボウの野趣あふれる風味がいかにも体によさそうだ。食感のアクセントにもなって箸が進む。

「柳川鍋といえばドジョウですが、一般家庭ではなかなか用意できないですよね。そこで今回は、煮穴子を使いました」(野田さん)

 煮穴子はスーパーで手に入る。少々お値段は張るがウナギのかば焼きで作ってもいい。ごはんにかけて柳川丼にすれば、夜食にもぴったりだ。お好みでさんしょうをかけて召し上がれ。

 《材料》 
・煮穴子 1パック
・豆腐 4分の1丁
・ゴボウ 3分の1本
・卵 1個
・三つ葉 適量
・刻みのり 適量
・だし汁 100㏄
・濃い口醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1

 《レシピ》 
(1)ゴボウはよく洗ってささがきにして、水にさらしあく抜きをする。
(2)煮穴子と豆腐は食べやすい大きさで。
(3)鍋にだし汁と調味料を入れあく抜きしたゴボウと、②を入れ火にかける。
(4)くつくつしてきたら溶き卵をまわし入れて蓋をする。卵の固さはお好みで。
(5)器に盛って三つ葉、刻みのりをかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す