神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

足立区議会議員の炎上問題 江戸時代ならどうなった?

公開日: 更新日:

 足立区の議員が性的マイノリティーの問題で炎上しているらしい。マイノリティーの問題よりも、「普通の家庭」という言葉にひっかかって炎上したらしい。議員の普通はもう普通ではないということのようだ。

「普通」という言葉にまで気を使わなければいけない議員が気の毒な感じもする。

 江戸時代は、「普通」という感覚が普通にあった時代である。江戸時代にはもちろん「普通」という考えが一般的であった。ただし、いまのように「日本全国一律の普通」などというものはない。

 武士には武士の普通、商人には商人の普通、職人には職人の普通というものがあった。また、住んでいる場所でも、鍛冶屋は鍛冶町、箪笥屋は箪笥町というように職業で決まっていた。いまと違って情報が伝達されないから「地域の普通」の中でやっていたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

もっと見る