神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

朝寝、朝酒、朝湯…江戸時代の寒さ対策は風情があった

公開日: 更新日:

 夏が過ぎるとあっという間に寒くなる。最近は秋があまりなくてすぐ冬になってしまう印象がある。冷房の次はすぐに暖房とエアコンが稼働する率が高い。

 エアコンというのはここ数十年のもので、江戸時代にはもちろん存在もしていなかった。昔は気温が低かったから、夏はうちわでもよかったのだが、問題は冬である。

 日本は、世界的に見て暖房器具の発達が遅かった。長屋が中心で火事を恐れたせいもあって暖炉もない。

 平安時代にいたっては、貴族の家でも朝起きたら部屋の中に雪が積もっていたという記述すらある。

 長屋においては、暖房といえば火鉢であった。しかし、この火鉢というのは暖房としては非常に頼りない。手をあぶるくらいなもので、部屋全体を暖めるなどというのは不可能であった。ところが、この火鉢は、別の方法で庶民の暖房を提供したのであった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る