五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載11063回 「鬱」をどう考えるか <12>

公開日: 更新日:

(昨日のつづき)
 以前、『戒厳令の夜』という長篇を書いたことがありました。映画になったりもしたので、年輩のかたのなかには憶えておられる向きもおありかもしれません。
 映画の出来は、いま一つ、といいますか、多少、残念なところがありましたが、なんといって…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る