毎日酒に頼るより…睡眠薬を上手に使って「週2日断酒」する

公開日:  更新日:

 今日も生意気な部下とやり合った。疲れて帰る自宅までの道のりは蒸し風呂のようだ。帰宅して着替えたら、冷蔵庫から缶ビールを取り出してプシュッ。こう暑いと、ビールでなくても、ハイボールやホッピーなど、のどを潤さないとやっていられない──。気持ちはよくわかるが、体は酒をそれほど欲していないのに、「寝酒」と言い訳しながら、惰性で飲んでいるときも少なからずあるだろう。そんな気持ちにうすうす気づいている人はこの夏、「睡眠薬」を使って週2日の断酒にチャレンジすべきだ。

 マンガ家の吾妻ひでお氏は、自らの作品「アル中病棟」で、アルコール依存症に苦しみ、克服するまでの経緯を赤裸々につづっている。本紙が直撃した際、こんなことを語っていた。

「アル中全盛期は、朝起きて焼酎をコップで飲み始め、寝るまでに日本酒と焼酎を5合ずつ、合計1升飲んでいました。でも、私はもともと酒が飲めなかったんですよ。なぜ飲むようになったか?連載の締め切りの恐怖から逃れ、酔い潰れて眠るため。あのとき、酒の力を借りず、睡眠薬を飲んで寝ていれば、アル中にならずに済んだと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る