寝不足解消! ビジネスマンが月曜からぐっすり眠る方法

公開日:  更新日:

「あ~眠い」――。生活が深夜型になり、昼間あくびをするサラリーマンが増えている。そんな折、厚労省が11年ぶりに「睡眠指針」を改定する。20~60代前半の勤労世代に対して、仕事中に眠気を感じた場合は20~30分の昼寝を勧める内容。リラックスして寝つくために、ぬるめの風呂にゆっくり入り、夕食後にカフェインを含むコーヒーや栄養ドリンクを控えるよう呼びかけている。

 ほかに何に気をつければいいのか。「医療法人社団すずき病院」理事長で精神科医の坂本博子氏が言う。

「やってはいけないのは交感神経を興奮させることです。テレビゲームやネット検索、メール送信などで神経が高ぶると寝つきが悪くなります。テレビのスポーツ中継で興奮するのも禁物。お風呂は寝る1時間前に入り、体が少し冷めたころ布団に入るのがベストです。朝すぐに起きられるよう照明をつけたまま眠る人がいますが、脳内にメラトニンが分泌されないため寝つきが悪くなります。昼寝は午後3時までにします。眠りすぎると夜眠れなくなるから、20~30分にとどめるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る