• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

寝不足解消! ビジネスマンが月曜からぐっすり眠る方法

「あ~眠い」――。生活が深夜型になり、昼間あくびをするサラリーマンが増えている。そんな折、厚労省が11年ぶりに「睡眠指針」を改定する。20~60代前半の勤労世代に対して、仕事中に眠気を感じた場合は20~30分の昼寝を勧める内容。リラックスして寝つくために、ぬるめの風呂にゆっくり入り、夕食後にカフェインを含むコーヒーや栄養ドリンクを控えるよう呼びかけている。

 ほかに何に気をつければいいのか。「医療法人社団すずき病院」理事長で精神科医の坂本博子氏が言う。

「やってはいけないのは交感神経を興奮させることです。テレビゲームやネット検索、メール送信などで神経が高ぶると寝つきが悪くなります。テレビのスポーツ中継で興奮するのも禁物。お風呂は寝る1時間前に入り、体が少し冷めたころ布団に入るのがベストです。朝すぐに起きられるよう照明をつけたまま眠る人がいますが、脳内にメラトニンが分泌されないため寝つきが悪くなります。昼寝は午後3時までにします。眠りすぎると夜眠れなくなるから、20~30分にとどめるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る