眠ってる間に痩せてキレイに 「睡眠ダイエット」基本5カ条

公開日:  更新日:

「睡眠とダイエットには大きな関わりがあることを、私は身をもって体感しました」。こう言い切るのは、最新刊「4週間でヤセ体質に変わる『きょうの睡眠ダイエット』」(主婦と生活社)の著者で睡眠コンサルタントの友野なお氏。人生の3分の1は睡眠時間――。眠っている間に痩せられるのなら、今夜からやるっきゃない!?

 睡眠ダイエットに必要不可欠なのは“質の良い眠り”だという。
「代謝を促進する成長ホルモンと、脂肪や糖質を分解するコルチゾール。私が“2大痩せホルモン”と呼んでいるこれらが、良質な睡眠によって分泌されるからです」
 質の良い眠りを手に入れるための基本5カ条を友野氏に聞いた。

■1 深夜0時~朝6時にかぶせ7時間眠る

「筋肉の成長や免疫力の活性化、さらに疲労回復、細胞修復といった重大な役割を担っている成長ホルモンは、寝入りばなのノンレム睡眠時の3時間に集中して分泌されます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る