北海道美唄市 「受動喫煙防止」条例化に反対署名600超

公開日:  更新日:

 制定されれば市町村レベルでは全国初となる北海道美唄市(人口約2万4000人)の「受動喫煙防止対策」条例化の動きに、地元から「待った」の声が上がった。

 美唄市は、いま開会中の定例市議会(会期末3月20日)に受動喫煙防止の条例案を提出するため、2月下旬に素案を公表し、3月15日までパブリックコメント(パブコメ)を募集した。素案(全12条)は、公共施設は禁煙(施設内または敷地内)、民間施設は施設内禁煙か分煙とする内容(飲食店など一部は対象外)。あくまで努力義務で罰則規定はない。

 条例化を急ぐ市当局の動きに、地元の岩見沢地方たばこ販売協同組合などが反対署名集めを行い、16日、同組合の田子敏夫専務理事が「条例への慎重な検討を求める署名」(616筆)を美唄市議会の内馬場克康議長に手渡した。

 田子専務理事は「私どもは条例の制定に強く反対し、市民の意見を反映した慎重な検討を求めます」と要望。これに対し内馬場議長は「(条例案が提出されたら)賛成、反対双方の意見を全議員に伝え十分な審査をしたい」と回答した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る