大宮火災余波でガラガラ 年末年始「風俗店」の賢い遊び方

公開日:

 男女4人が死亡した、さいたま市大宮区のソープランド火災のあおりで、この年末年始は全国の風俗店で閑古鳥が鳴きそうだ。大宮の火災発生を受け、北海道・すすきの、福岡・中洲、川崎・堀之内などのソープランドや店舗型ヘルスが消防の緊急立ち入り検査を受けた。何となく店に入りにくいと思う人も多いはず。

 そもそも、新規出店を規制する2005年の風営法改正と、東京五輪に向けた当局の浄化作戦の影響でソープランドや箱型ヘルスなど「店舗型風俗」は減少の一途をたどっている。警察庁によると、5年前は全国に8685店あったが、昨年は8000店に減ってしまった。

「高齢化や男性の節約志向も風俗の衰退に拍車をかけています。最近の若者は高いお金を払ってソープで本番をするより、性病の心配が少なく低価格の手コキ店を好む傾向があります」(風俗ライターの蛯名泰造氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る