大宮火災余波でガラガラ 年末年始「風俗店」の賢い遊び方

公開日:

 男女4人が死亡した、さいたま市大宮区のソープランド火災のあおりで、この年末年始は全国の風俗店で閑古鳥が鳴きそうだ。大宮の火災発生を受け、北海道・すすきの、福岡・中洲、川崎・堀之内などのソープランドや店舗型ヘルスが消防の緊急立ち入り検査を受けた。何となく店に入りにくいと思う人も多いはず。

 そもそも、新規出店を規制する2005年の風営法改正と、東京五輪に向けた当局の浄化作戦の影響でソープランドや箱型ヘルスなど「店舗型風俗」は減少の一途をたどっている。警察庁によると、5年前は全国に8685店あったが、昨年は8000店に減ってしまった。

「高齢化や男性の節約志向も風俗の衰退に拍車をかけています。最近の若者は高いお金を払ってソープで本番をするより、性病の心配が少なく低価格の手コキ店を好む傾向があります」(風俗ライターの蛯名泰造氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る