犯人の6割が…痴漢冤罪リスクを高める電車内の“立ち位置”

公開日: 更新日:

「痴漢と疑われて、頭が真っ白になりました」

 25日午前、JR新宿駅のホームから線路に飛び降りて逃走し、警視庁に逮捕された自称飲食店従業員の50代の男は、そう供述しているという。男は逃走後、訳も分からず駅事務所に立ち入ったところを、建造物侵入で現行犯逮捕された。痴漢については容疑を否認しているという。

 痴漢は卑劣な犯罪! だが、もし痴漢に間違われた“冤罪”だったとしたら……頭が真っ白になるのも分かる。

「私は髪が薄くてひげが濃いせいか、会社の同僚から冗談で『痴漢顔』って言われるんです。一度ホントに痴漢に間違われたことがあって、『私はゲイなんです』と“証拠写真”まで見せ、『女性に興味はありません』と涙ながらに訴えて、ようやく解放してもらえた。それ以来、電車に乗るときは必ず、両手で吊り革につかまるようにしています」(流通・39歳)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る