犯人の6割が…痴漢冤罪リスクを高める電車内の“立ち位置”

公開日:

「痴漢と疑われて、頭が真っ白になりました」

 25日午前、JR新宿駅のホームから線路に飛び降りて逃走し、警視庁に逮捕された自称飲食店従業員の50代の男は、そう供述しているという。男は逃走後、訳も分からず駅事務所に立ち入ったところを、建造物侵入で現行犯逮捕された。痴漢については容疑を否認しているという。

 痴漢は卑劣な犯罪! だが、もし痴漢に間違われた“冤罪”だったとしたら……頭が真っ白になるのも分かる。

「私は髪が薄くてひげが濃いせいか、会社の同僚から冗談で『痴漢顔』って言われるんです。一度ホントに痴漢に間違われたことがあって、『私はゲイなんです』と“証拠写真”まで見せ、『女性に興味はありません』と涙ながらに訴えて、ようやく解放してもらえた。それ以来、電車に乗るときは必ず、両手で吊り革につかまるようにしています」(流通・39歳)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る