野崎幸助
著者のコラム一覧
野崎幸助実業家

1941年、和歌山県生まれ。中学卒業後、酒類販売業、不動産業、金融業などで財を成し、美女4000人に30億円以上を貢ぐ。今年2月には自宅で強盗に襲われた。近著に「紀州のドン・ファン」(講談社+α文庫)がある。

【葵ちゃん編】顔中愛液で濡らしながら舐め上げました

公開日: 更新日:

4000人に30億円を貢いだ男

 いい女を抱くためだけに大金持ちになった私には、思い出に残っている美女が何人もおります。そんなべっぴんさんたちと過ごしたエッチ人生について、少しずつ、お話しさせていただきます。

 20代半ばの葵ちゃんは銀座の高級クラブの人気ホステスです。背はすらっとしているのに、顔はリスのように小さい。ポニーテールが似合う童顔のべっぴんさんです。それなのに、ドーンとせり出した巨乳がアンバランスで魅力的であります。

「社長、ごめんなさいね。あそこのお客さんがうるさくて」

 他のホステスと会話を楽しんでいるスーツにメガネのにやけた男は、某代議士の御曹司ということでした。支払いは父親への請求書で済ませているのだとか。葵ちゃんを狙っている客は私のライバルです。銀のスプーンをくわえて生まれてきたボンボンに、裸一貫から叩き上げてきた私が負けるわけにはいきません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る