櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

配信代行の「ソーシャルワイヤー」上場来の高値更新が視野

公開日: 更新日:

 ソーシャルワイヤー(3929)に注目する。プレスリリースの配信代行とシェアオフィスが2本柱。キーワードは「ビジネスプラットフォームの創造」で、デジタルPRと新しいワークスタイルの進展を担っている。

 主力の配信代行はツイッター広告機能追加で堅調維持。デジタルPR市場開拓へ本格的に着手したことを評価したい。シェアオフィスサービスのハイグレード化を推進中。貸事務所は8月にオープンする新橋の大規模拠点の期待感が高い。ただ、前期に買収したインフルエンサー広告会社は営業要員増などで赤字幅拡大。「売り上げ30億円程度では我慢できない」と矢田峰之社長。スケール優先により、将来利益の最大化を推進する方向だ。

 中期長期での目標は売上高100億円。プレスリリースやクリッピングサービス、インフルエンサーPRサービスなどのニュースワイヤー事業を「デジタルPR」、シェアオフィスのインキュベーションにクラウド翻訳サービスを加え「シェアオフィス」とセグメント名称変更。現時点で見積もっていない新規事業へも目を向けているが中期経営計画値には含んでいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る