投資初心者はココから 日経新聞と会社四季報をタダで読む

公開日: 更新日:

 金融庁の報告書に記載された「老後2000万円問題」をきっかけに、20〜40代を中心に投資で資金を増やして、将来不安を解消しようという動きがあるという。それに伴い、オンライン証券を中心に口座開設が急増している。

 しかし、初心者の拙速な投資は概ね失敗すると話すのは、億単位の資金を運用する都内在住の個人投資家だ。

「iDeCo(個人型確定拠出年金)や、つみたてNISA(少額投資非課税制度)といった非課税制度を利用して毎月一定額をつみたて投資するならまだしも、初心者がいきなり個別株に大金を入れるのは避けたほうがいいでしょう。もし、興味を持った会社の株を買いたいのなら、少しずつ買っていって投資に慣れていくことが大切です。そうすることで会社について調べたり、ニュースに敏感になったりするので。その際、情報を得ることが重要になってきますが、証券口座を開くことで有料情報がタダで得られます。取引しなくても、それだけでも口座を開設する価値はあると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  4. 4

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  7. 7

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る