ポンド円は下落の一途…英「EU強行離脱」で起こりうる事態

公開日: 更新日:

 イギリスの政治経済が混迷を極めている。今月23日に与党保守党の党首選の決選投票が行われるが、メイ首相退任後に空席となっていている首相の座に、EU強行離脱派のボリス・ジョンソン元外相(元ロンドン市長)の就任が濃厚だという。

 強行離脱派の首相就任が確実視されていることで、イギリスの通貨ポンドの下落が激しい。FX(外国為替証拠金取引)で日本人投資家の多くが取引しているポンド円は、今年3月に148円の年初高値をつけてから下落の一途をたどり、7月17日は134円を割り込み、年初安値を更新した。

 この暴落相場でポンド円のロングポジション派がロスカット(強制決済)を喰らうなど、SNSなどでは瀕死の状態の投資家の叫びが見受けられた。ある著名億トレーダーも数千万円の含み益を抱えたと告白するほど。 “殺人通貨”と言われるほど普段から値動きの激しいポンドだが、市場関係者によると、正式にジョンソン首相の就任で130円を割る可能性もありうるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る