向後はるみ
著者のコラム一覧
向後はるみ投資アドバイザー

投資エバンジェリスト。ラジオNIKKEI第一「実践!投資の女神 注目銘柄分析」パーソナリティー。テクニカルアナリスト、FP。2014,16,17年の株1グランプリ・グランドチャンピオン&最多優勝ホルダー。Yahoo!ファイナンス、「ネットマネー」や「ダイヤモンドZAi」、宝島株ムックなど執筆多数。わかりやすく実践的な内容が好評で、全国で講演活動を行う。

製造業のサポート集団「nms」はチャート妙味が増してきた

公開日: 更新日:

 足元では、米株式市場でS&P500とナスダックが史上最高値を更新、NYダウも高値付近と好調の中、日本株は薄商いが続いていますね。

■EVもに絡む

 そこで今回は、外国人労働やEV関連のテーマを持ち、チャート妙味増す低バリュエーション株のnmsホールディングス(2162)をピックアップします。製造派遣・請負の中堅で、日本のものづくりを陰で支える縁の下の力持ち企業、製造業のサポート集団です。

 GMOリサーチによると、「人」を大切にする企業、魅力的な企業、学生が選ぶ、ものづくり系人気企業第1位に輝いています。

 ヒューマンソリューション事業では、製造派遣・製造請負、エンジニア派遣、外国人技能実習制度に関わる入国後教育研修の受託や実習生受け入れ先への業務支援などを展開しており、中国・ASEAN地域の11カ国に70拠点を設置しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る