真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

WOWOW<上>加入者増の記録途絶える 動画配信サービス台頭で

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスが流行して1年。外食産業や観光産業などはコロナ禍により壊滅的な打撃を受けている。しかし、影があれば光もある。逆にコロナ禍の恩恵を受けた企業も珍しくない。

 その代表とも言えるのが定額動画配信サービスのネットフリックスだ。「愛の不時着」と「梨泰院クラス」は昨年大ヒットした韓国ドラマだが、いずれもネットフリックスで配信された。昨年春の緊急事態宣言で外出もままならない時期、多くの人がこのドラマにハマった。おかげでネットフリックスの国内加入者は一昨年9月の300万人が、昨年9月には500万人へと急増した。

 しかし、ネットフリックス同様、定額でエンターテインメントコンテンツを提供しておきながら加入者を減らし続けているのが、有料衛星放送のWOWOWだ。

 1月末に発表された21年3月期第3四半期決算によると昨年12月末時点の加入件数は278万1000件と、期初に比べ7万4000件減っている。仮に通期でも加入件数が減れば2期連続となる。田中晃社長は、「コロナ禍によりスポーツイベントや音楽イベントが延期・中止になったことで7月まで苦戦した。8、9月は大坂なおみが2度目の優勝を果たした全米オープンテニスなどにより加入者を増やしたが、挽回できなかった」と説明するが、同時に「動画配信サービスの台頭の前に存在感を示せなかった」とも語り、ネットフリックスなどのあおりを受けたことを認めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に