真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

WOWOW<上>加入者増の記録途絶える 動画配信サービス台頭で

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスが流行して1年。外食産業や観光産業などはコロナ禍により壊滅的な打撃を受けている。しかし、影があれば光もある。逆にコロナ禍の恩恵を受けた企業も珍しくない。

 その代表とも言えるのが定額動画配信サービスのネットフリックスだ。「愛の不時着」と「梨泰院クラス」は昨年大ヒットした韓国ドラマだが、いずれもネットフリックスで配信された。昨年春の緊急事態宣言で外出もままならない時期、多くの人がこのドラマにハマった。おかげでネットフリックスの国内加入者は一昨年9月の300万人が、昨年9月には500万人へと急増した。

 しかし、ネットフリックス同様、定額でエンターテインメントコンテンツを提供しておきながら加入者を減らし続けているのが、有料衛星放送のWOWOWだ。

 1月末に発表された21年3月期第3四半期決算によると昨年12月末時点の加入件数は278万1000件と、期初に比べ7万4000件減っている。仮に通期でも加入件数が減れば2期連続となる。田中晃社長は、「コロナ禍によりスポーツイベントや音楽イベントが延期・中止になったことで7月まで苦戦した。8、9月は大坂なおみが2度目の優勝を果たした全米オープンテニスなどにより加入者を増やしたが、挽回できなかった」と説明するが、同時に「動画配信サービスの台頭の前に存在感を示せなかった」とも語り、ネットフリックスなどのあおりを受けたことを認めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  9. 9

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る