三共食品 中村俊之社長<1>加工食品のほとんどに自社商品が

公開日: 更新日:

 日本の「食」を支える企業といって差し支えないだろう。インスタント食品などに欠かせないエキスやスープ、乾燥野菜などの<調味料事業>と、外食・中食・給食産業向けの業務用食品を扱う<外食事業>を包括的に展開する「三共食品」。

「自動車に例えるならネジのようなパーツ。使われる量は少ないですが、スーパーにある加工食品のほとんどに我が社の商品が使われているはずです」

 分かりやすく言うと、カップ麺なら中に入っている「カヤク」の乾燥野菜や粉末スープなどを作っている。

 本社は愛知県豊橋市。食品科学系の技術者だった父・中村俊策(故人)が、1975年に創業した。

「豊橋は野菜の生産が盛んな場所で、乾燥野菜などの原料が手に入りやすかったそうです。今でこそ海外原料がメインですが、当時はキャベツを丸で仕入れて自社内で乾燥させるなんてことをやっていたそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る