習近平は渡りに船 安倍首相周辺が挑発する「7月尖閣危機」

公開日:  更新日:

 さすがに、ガックリしているらしい。安倍首相が推し進める“解釈改憲”による集団的自衛権の行使容認について「反対」が圧倒的多数になっているからだ。

 朝日新聞の世論調査では「賛成」29%、「反対」55%。日経新聞でも「賛成」28%、「反対」51%だった。内閣支持率も下落しはじめた。ANNの調査では、「支持する」は45.7%と前回調査から12.3ポイントもダウン。これまでの最低だった昨年7月の46.4%を更新した。

「安倍首相は危機感を強めています。まさか、支持率まで急落するとは思っていなかったようです。頭を抱えているのは、集団的自衛権の行使に反対している公明党を勢いづかせることです。公明党の支持率は上がっている。公明党に本気で反対されたら、さすがに強行突破できませんからね」(官邸事情通)

 ヤバイのは、状況を一変させるために安倍周辺が意図的に危機的状況を演出する可能性が囁かれていることだ。24日、東シナ海上空で中国の戦闘機が自衛隊機に急接近したような、“一触即発”の状況がつづけば、集団的自衛権に対する国民の意識も変わると計算しているらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る