• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<第4回>任天堂社長インタビュー捏造を「隠蔽」の悪質

 朝日新聞がやらかした「任天堂社長インタビュー記事捏造事件」は朝日の「隠蔽体質」を象徴している。

 2012年6月8日付朝刊に掲載された任天堂の岩田聡社長のインタビュー記事は、同社のホームページから勝手に発言を取り出して、あたかもインタビューしたかのようにして載せた捏造記事だ。執筆したのは大阪経済部の当時「1年生記者」で、「取材に不慣れだったうえ、キャップに記事をせかされて出来心でついやってしまった」(事情通)らしい。

 しかし、その後の対応が悪質で、掲載後に一部社内で問題視されていたのに、当時の大阪経済部長が管理責任を問われるのを恐れて握りつぶしてしまったのだ。

 この部長は、朝日のエリートコースのひとつである元労組委員長。また、「キャップが任天堂のベテラン広報マンと高校の同窓で親しかった関係で、先方とつじつまを合わせた」(同)という話もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事