緊縮拒否でユーロ離脱か 「ギリシャ危機」世界市場大パニック

公開日:  更新日:

 ギリシャの命運を左右する投票結果は「OXI(オヒ=反対)」だった。現地時間5日に行われた国民投票は即日開票され、EUなどが金融支援の条件として受け入れを求めた財政緊縮策への反対は61%と賛成の39%を大差で上回った。支援再開に向けた交渉の難航は確実で、ギリシャ国内の資金が枯渇すると、独自通貨の発行が必要となり、ユーロ圏からの離脱が一気に現実味を増す。週明けの世界の金融市場は、ギリシャ・ショックによる大混乱が必至だ。

 ギリシャのチプラス首相は5日夜のテレビ演説で「民主主義が勝利した。ギリシャは歴史的なページを開いた」と、反対派の勝利を宣言。「欧州との亀裂ではなく、債務交渉を力強く進める力を与えてくれる」と語り、民意を後ろ盾にEU側と支援を巡る協議を再開したい考えを示した。

 チプラス首相はユーロ圏離脱をチラつかせる“瀬戸際外交”で、EUが求める緊縮策の見直しや、さらなる金融支援を迫ってきた。しかし、EUの債権国は猛反発。日本でもギリシャ国民は怠け者で、借金を平気で踏み倒すというイメージがはびこっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る