緊縮拒否でユーロ離脱か 「ギリシャ危機」世界市場大パニック

公開日: 更新日:

 ギリシャの命運を左右する投票結果は「OXI(オヒ=反対)」だった。現地時間5日に行われた国民投票は即日開票され、EUなどが金融支援の条件として受け入れを求めた財政緊縮策への反対は61%と賛成の39%を大差で上回った。支援再開に向けた交渉の難航は確実で、ギリシャ国内の資金が枯渇すると、独自通貨の発行が必要となり、ユーロ圏からの離脱が一気に現実味を増す。週明けの世界の金融市場は、ギリシャ・ショックによる大混乱が必至だ。

 ギリシャのチプラス首相は5日夜のテレビ演説で「民主主義が勝利した。ギリシャは歴史的なページを開いた」と、反対派の勝利を宣言。「欧州との亀裂ではなく、債務交渉を力強く進める力を与えてくれる」と語り、民意を後ろ盾にEU側と支援を巡る協議を再開したい考えを示した。

 チプラス首相はユーロ圏離脱をチラつかせる“瀬戸際外交”で、EUが求める緊縮策の見直しや、さらなる金融支援を迫ってきた。しかし、EUの債権国は猛反発。日本でもギリシャ国民は怠け者で、借金を平気で踏み倒すというイメージがはびこっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る