日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

緊縮拒否でユーロ離脱か 「ギリシャ危機」世界市場大パニック

 ギリシャの命運を左右する投票結果は「OXI(オヒ=反対)」だった。現地時間5日に行われた国民投票は即日開票され、EUなどが金融支援の条件として受け入れを求めた財政緊縮策への反対は61%と賛成の39%を大差で上回った。支援再開に向けた交渉の難航は確実で、ギリシャ国内の資金が枯渇すると、独自通貨の発行が必要となり、ユーロ圏からの離脱が一気に現実味を増す。週明けの世界の金融市場は、ギリシャ・ショックによる大混乱が必至だ。

 ギリシャのチプラス首相は5日夜のテレビ演説で「民主主義が勝利した。ギリシャは歴史的なページを開いた」と、反対派の勝利を宣言。「欧州との亀裂ではなく、債務交渉を力強く進める力を与えてくれる」と語り、民意を後ろ盾にEU側と支援を巡る協議を再開したい考えを示した。

 チプラス首相はユーロ圏離脱をチラつかせる“瀬戸際外交”で、EUが求める緊縮策の見直しや、さらなる金融支援を迫ってきた。しかし、EUの債権国は猛反発。日本でもギリシャ国民は怠け者で、借金を平気で踏み倒すというイメージがはびこっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事