• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ギリシャ楽観論の怪しさ…日本の“隠れ債権”は3000億円規模

 ギリシャ危機は日本経済を直撃しない――市場に楽観論があふれている。ギリシャは6月30日が支払期限だった約15億ユーロ(約2000億円)を国際通貨基金(IMF)に返済しなかった。IMFは金融市場の混乱を避けるため、あえて「延滞」と表現したが、実態は債務不履行(デフォルト)だ。

 先進国で初めてのデフォルトにEU(欧州連合)諸国は震えあがったが、日本市場は対岸の火事とばかりにのんきだ。2日の日経平均も前日比193円高で引けた。

「ギリシャは経済規模も小さく、日本への影響は軽微だと考えがちですが、5日に行われるギリシャ国民投票の結果次第では、もうひと波乱あります。日本が無傷でいられる保証などないのです」(株式評論家の杉村富生氏)

 トロイカ(ECB=欧州中央銀行、EU、IMF)がギリシャを見捨てたら、ギリシャ政府は総額3120億ユーロ(約40兆円=3月末)の債務を返済できなくなる。ただ、債務の8割はトロイカなど公的機関向けで、残る2割が民間部門。危機の連鎖は限定的といわれるゆえんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る