• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

創業者社長の“好感度調査” 孫正義氏なぜトップに躍り出た

 本当なのか!? 好感度ナンバーワンの創業者は犬のCMの社長――。「コミュニケーションデザイン総合研究所」が全国の20~49歳の男女1000人に「起業社長に関する意識調査」を実施。「好感度の高い社長は誰ですか?」と聞いたところ、1位はソフトバンク社長の孫正義氏(23.5%)だった。2位は京セラの稲盛和夫氏(13.1%)、3位は楽天の三木谷浩史氏(11.9%)。以下、柳井正氏、辻信太郎氏らがランクインしている。

 どうして孫氏が1位なのか。経済ジャーナリストの大山功男氏はこう見る。

「何かにつけて話題をつくり、テレビや雑誌に登場する上に、しっかり業績を伸ばしているからでしょう。お父さん犬が出るCMも人気で、それが孫さん個人の好感度に置き換わっている。ただし実際の孫さんは自分で会社をつくったというより、携帯会社や球団など既存の会社を買った“投資家”。彼のやり方は『孫氏の商法』と呼ばれ、映画『ウォール街』のゲッコーみたいにカネにものをいわせて会社を売り買いする。今はこうした経営者が“かっこいい”と思われる時代なのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る