小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著)

<第12回>憲法の意味「分かろうとしない」自民に委ねられない

公開日: 更新日:

頭にあるのは権力の固定化

 これまで11回にわたり自由民主党の「日本国憲法改正草案」を分析・解説してきたが、改めて、そのお粗末さに驚かされた。

 まず、「憲法の意味が分かっていない」というか、これまで議論に参加してきた私の体験からは、むしろ「分かろうとしていない」という印象を…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  4. 4

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  7. 7

    大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

  8. 8

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る