五輪ロゴ騒動 シンポジウムで“上級国民”ダンマリの異常事態

公開日: 更新日:

 “上級国民”は口をつぐんだままだった。1964年東京五輪エンブレムをデザインした亀倉雄策氏の生誕100年を記念したシンポジウムが8日、都内で開催された。

 発言者は、20年東京五輪エンブレムの審査委員長を務めた永井一正氏(86)に、審査委員だった細谷巌氏(80)や浅葉克己氏(75)ら7人。当然、“白紙撤回”になった佐野研二郎氏(43)デザインのエンブレムに関する発言があると思ったが、一切、言及はなし。その上、質疑応答の時間もなく、終了後の個別の取材もNGだった。主催した毎日新聞社の担当者はこう話す。

「そもそも、永井さんたちには『質疑応答なし、個別取材もなし』の条件で受けていただいています。ただ、永井さんは一連の報道で相当お疲れのようで『報道陣の質問は受けないが、それでも大丈夫か』と、改めて連絡がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  7. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る