五輪ロゴ騒動 シンポジウムで“上級国民”ダンマリの異常事態

公開日:  更新日:

 “上級国民”は口をつぐんだままだった。1964年東京五輪エンブレムをデザインした亀倉雄策氏の生誕100年を記念したシンポジウムが8日、都内で開催された。

 発言者は、20年東京五輪エンブレムの審査委員長を務めた永井一正氏(86)に、審査委員だった細谷巌氏(80)や浅葉克己氏(75)ら7人。当然、“白紙撤回”になった佐野研二郎氏(43)デザインのエンブレムに関する発言があると思ったが、一切、言及はなし。その上、質疑応答の時間もなく、終了後の個別の取材もNGだった。主催した毎日新聞社の担当者はこう話す。

「そもそも、永井さんたちには『質疑応答なし、個別取材もなし』の条件で受けていただいています。ただ、永井さんは一連の報道で相当お疲れのようで『報道陣の質問は受けないが、それでも大丈夫か』と、改めて連絡がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る