五輪の質問に厳戒ムード…滝クリの「と・ば・っ・ち・り」

公開日: 更新日:

 鮮やかな黄色のワンピースを見事に着こなしていたのは、滝川クリステル(37)。6日に開かれた動物愛護ふれあいフェスティバルの講演会「命の花プロジェクトが教えてくれたこと」にゲストスピーカーとして出席した。

 14年に動物愛護や保護を目的とした一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」を設立。司会者から意見を求められると、「(動物たちの)声なき声をどう拾うか。私たち一人一人が正しい知識を蓄え、しっかりと考える。とにかく声を上げることが必要です」と、政治家顔負けのしっかりとした口調で話し、諸外国に比べて「100年以上遅れている」という日本の現状を憂い、動物愛護に対する意識向上を説いていた。

 もっとも、この日集まった報道陣の関心は東京五輪にまつわる不祥事についての滝クリのコメントであった。2年前のIOC総会で日本代表として「お・も・て・な・し」のパフォーマンスを披露し五輪招致に一役かった功労者だけに、新国立競技場やエンブレムの白紙撤回といった東京五輪を取り巻く不穏な動きや騒動についてどう感じているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る