• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪の質問に厳戒ムード…滝クリの「と・ば・っ・ち・り」

 鮮やかな黄色のワンピースを見事に着こなしていたのは、滝川クリステル(37)。6日に開かれた動物愛護ふれあいフェスティバルの講演会「命の花プロジェクトが教えてくれたこと」にゲストスピーカーとして出席した。

 14年に動物愛護や保護を目的とした一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」を設立。司会者から意見を求められると、「(動物たちの)声なき声をどう拾うか。私たち一人一人が正しい知識を蓄え、しっかりと考える。とにかく声を上げることが必要です」と、政治家顔負けのしっかりとした口調で話し、諸外国に比べて「100年以上遅れている」という日本の現状を憂い、動物愛護に対する意識向上を説いていた。

 もっとも、この日集まった報道陣の関心は東京五輪にまつわる不祥事についての滝クリのコメントであった。2年前のIOC総会で日本代表として「お・も・て・な・し」のパフォーマンスを披露し五輪招致に一役かった功労者だけに、新国立競技場やエンブレムの白紙撤回といった東京五輪を取り巻く不穏な動きや騒動についてどう感じているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る