築地移転まで1年…都の“ゴリ押し”に仲卸業者から怒号の嵐

公開日:  更新日:

 豊洲新市場の開場は来年11月7日――日本中の魚介類が集まる築地市場の移設まで1年を切ったが、「現場の声」は歓迎ムードからは程遠い。東京・中央区の築地市場で働く仲卸業者が25日、区内の築地市場厚生会館で「よりよい市場を築くつどい」を開催。約150人が集まり、新市場への不安を打ち明けた。

 会合では、新市場について「開場時期」「物流及び店舗設備」「交通アクセス」「安全対策」の4点について意見が飛び交った。

「繁忙期の年末を目前にした11月に開場する理由は何なのか。引っ越しで手が回らず、マトモに商売できるとは思えない」

「新市場内の物流導線にはまだまだ不安が多い」

「公共交通機関では、ゆりかもめを使う以外、新市場へのアクセス法がない」

「土壌汚染対策はどうなったんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る