• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

築地移転まで1年…都の“ゴリ押し”に仲卸業者から怒号の嵐

 豊洲新市場の開場は来年11月7日――日本中の魚介類が集まる築地市場の移設まで1年を切ったが、「現場の声」は歓迎ムードからは程遠い。東京・中央区の築地市場で働く仲卸業者が25日、区内の築地市場厚生会館で「よりよい市場を築くつどい」を開催。約150人が集まり、新市場への不安を打ち明けた。

 会合では、新市場について「開場時期」「物流及び店舗設備」「交通アクセス」「安全対策」の4点について意見が飛び交った。

「繁忙期の年末を目前にした11月に開場する理由は何なのか。引っ越しで手が回らず、マトモに商売できるとは思えない」

「新市場内の物流導線にはまだまだ不安が多い」

「公共交通機関では、ゆりかもめを使う以外、新市場へのアクセス法がない」

「土壌汚染対策はどうなったんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事