「新国立」巨額工費3535億円 政府は五輪招致前に知っていた

公開日: 更新日:

 トンデモナイ事実が発覚だ。

 新国立競技場の整備費をめぐり、日本スポーツ振興センター(JSC)と文科省が、女性建築家ザハ・ハディド氏のデザイン案で忠実に建設した場合、総工費が3535億円になるとの報告を、五輪招致前に設計業者から受けていたというのだ。

 JSCがこの報告を受けたのは2013年7月。IOC総会で五輪招致が決まる同年9月の2カ月前に、当初予定の1300億円を大幅に上回ることを把握していたことになる。JSCは同年8月には文科省に伝え、文科省は大幅なコスト削減を指示したという。

 結局、下村博文文科相が国会で、総工費が3000億円に達するとの見通しを示したのは同年10月だった。五輪招致が決定するまで、3535億円という巨額の総工費を隠していたのは間違いない。

 もちろん、こうした情報を安倍首相が知らなかったはずはない。「新国立は民主党政権時代に決めたものだ」などと、民主党に責任をなすりつけているが、IOC総会では、1300億円の建設費を前提にして「他のどんな競技場とも似ていない」と自慢していた。平然とウソをつき、IOC委員を騙したのだから、とんでもない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る