初日は応募殺到 東京五輪エンブレム再公募で消える億のカネ

公開日:  更新日:

 パクリ疑惑で再公募されることになった、2020年東京五輪の公式エンブレムの募集が24日正午から始まった。

 さっそく午後5時の段階で前回の応募総数104件を超える377件の応募が殺到したが、大変なのはこれからだ。マスコミ関係者が言う。

「東京五輪組織委は今回の応募件数を1万超と見込んでいますが、10月16日に組織委の公式サイトで発表した応募要項のダウンロード数は7万件を超えています。前回は104件の応募で審査が2日間。今回は盗用疑惑があっただけに、計7段階のチェック態勢を敷いたことで、のべ100人の職員を投入しても、数カ月はかかる見込みです」

 公募は12月7日に締め切られる。組織委が見込む1万件で応募が済めばまだいいが、その2倍、3倍の募集があったら、100人の職員を駆り出しても数カ月では終わらないかもしれない、と今から組織委は戦々恐々だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る