• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
森功
著者のコラム一覧
森功ノンフィクション作家

1961年、福岡県生まれ。出版社勤務などを経て、03年からノンフィクション作家として活動を開始。「ヤメ検 司法エリートが私欲に転ぶとき」「同和と銀行」「腐った翼 JAL消滅への60年」など著書多数。最新刊は「現代日本9の暗闇」(廣済堂新書)。

<第1回>「抗争状態」という認定は当局のPRではないのか

 昨年8月27日の唐突な分裂から半年余り、ついに警察庁が「山口組」と「神戸山口組」の衝突を抗争状態と認定した。おかげで、マスメディアも大きな扱いで取り上げるようになっている。

 日本最大の暴力団組織で、いったい何が起きているのか。当連載は今週から2つの山口組の衝突を通じ、長年、政治や行政、財界と密接に絡み合って動いてきた裏社会の構造変化を読み解いていく。

 そもそも対立する暴力団の抗争とは、何を指すのか。30年以上暴力団を担当してきたあるベテラン捜査員に聞くと、こうだ。

「抗争という言葉は警察用語であり、組関係者は使いません。警察で使われだしたのも、比較的最近で、それまでは戦争とかそういう言い方をしていました。抗争という表現そのものは、1980年代に勃発した山一抗争から定着した感がありますね。91年の暴対法の施行によって、それが定義づけられた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る