森功
著者のコラム一覧
森功ノンフィクション作家

1961年、福岡県生まれ。出版社勤務などを経て、2003年からノンフィクション作家として活動を開始。「ヤメ検 司法エリートが私欲に転ぶとき」「同和と銀行」「腐った翼 JAL消滅への60年」「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」「官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪」など著書多数。最新刊は最新刊は「ならずもの井上雅博伝 ヤフーを作った男」(講談社)。

<第1回>「抗争状態」という認定は当局のPRではないのか

公開日: 更新日:

 昨年8月27日の唐突な分裂から半年余り、ついに警察庁が「山口組」と「神戸山口組」の衝突を抗争状態と認定した。おかげで、マスメディアも大きな扱いで取り上げるようになっている。

 日本最大の暴力団組織で、いったい何が起きているのか。当連載は今週から2つの山口組の衝突を通じ、長年、政治や行政、財界と密接に絡み合って動いてきた裏社会の構造変化を読み解いていく。

 そもそも対立する暴力団の抗争とは、何を指すのか。30年以上暴力団を担当してきたあるベテラン捜査員に聞くと、こうだ。

「抗争という言葉は警察用語であり、組関係者は使いません。警察で使われだしたのも、比較的最近で、それまでは戦争とかそういう言い方をしていました。抗争という表現そのものは、1980年代に勃発した山一抗争から定着した感がありますね。91年の暴対法の施行によって、それが定義づけられた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る