森功
著者のコラム一覧
森功ノンフィクション作家

1961年、福岡県生まれ。出版社勤務などを経て、03年からノンフィクション作家として活動を開始。「ヤメ検 司法エリートが私欲に転ぶとき」「同和と銀行」「腐った翼 JAL消滅への60年」など著書多数。最新刊は「現代日本9の暗闇」(廣済堂新書)。

<第1回>「抗争状態」という認定は当局のPRではないのか

公開日: 更新日:

 昨年8月27日の唐突な分裂から半年余り、ついに警察庁が「山口組」と「神戸山口組」の衝突を抗争状態と認定した。おかげで、マスメディアも大きな扱いで取り上げるようになっている。

 日本最大の暴力団組織で、いったい何が起きているのか。当連載は今週から2つの山口組の衝突を通じ、長年、政治や行政、財界と密接に絡み合って動いてきた裏社会の構造変化を読み解いていく。

 そもそも対立する暴力団の抗争とは、何を指すのか。30年以上暴力団を担当してきたあるベテラン捜査員に聞くと、こうだ。

「抗争という言葉は警察用語であり、組関係者は使いません。警察で使われだしたのも、比較的最近で、それまでは戦争とかそういう言い方をしていました。抗争という表現そのものは、1980年代に勃発した山一抗争から定着した感がありますね。91年の暴対法の施行によって、それが定義づけられた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  6. 6

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る