森功
著者のコラム一覧
森功ノンフィクション作家

1961年、福岡県生まれ。出版社勤務などを経て、2003年からノンフィクション作家として活動を開始。「ヤメ検 司法エリートが私欲に転ぶとき」「同和と銀行」「腐った翼 JAL消滅への60年」「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」「官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪」など著書多数。最新刊は最新刊は「ならずもの井上雅博伝 ヤフーを作った男」(講談社)。

<第8回>元神戸市長と山口組 「持ちつ持たれつ」の関係

公開日: 更新日:
山口組は神戸の復興と共に大きくなった(写真は神戸港)(C)日刊ゲンダイ

 1984年に勃発した山口組と一和会の山一抗争では、翌85年8月のユニバーシアード神戸大会での休戦が実現した。このとき休戦の仲介をしたのが稲川会会長の故・石井進と元神戸市長の中井一夫だったのは前に書いた。なぜ元神戸市長が暴力団抗争の休戦を仲裁できたのか。旧聞になるが、今回はそこを…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  7. 7

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  8. 8

    バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

もっと見る