日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舛添知事に自公との“裏取引”疑惑…都議会追及は茶番劇か

 政治資金流用疑惑で火ダルマになっている東京都の舛添要一都知事。7日、ついに都議会代表質問が始まった。

 “身内”の自民党や公明党が猛批判を繰り広げたが、何やら“茶番”臭がプンプンだ。

 自民党の神林茂都議は「知事(の姿勢)が変わらないなら、いつでも警告に代わる措置を講じる用意がある」と迫ったが、舛添知事は「説明責任を十分果たしていきたい。不退転の決意で信頼回復へ向け、仕事に邁進する覚悟だ」などと答えるだけ。これまで通り具体的な説明はなし。ノラリクラリの答弁に終始した。

 自民党としては、威勢のいい追及を演出しているつもりかもしれないが、本気で“仕留める”気はないのだろう。来年の都議選に影響が出るのが怖いだけだ。

 与党の国会議員でも吠えているのは、次の都知事に色気のある石原伸晃経済再生相だけ。誰もホンキじゃない。形だけだ。議会に出席した都議の音喜多駿氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事