自公都議も追及の姿勢へ 舛添知事「リオを花道」に辞任か

公開日: 更新日:

「事務所に抗議電話が殺到」「このままでは参院選にも影響する」――。舛添問題で様子見を決め込んでいた都議会与党の自公が焦りだした。

 記者会見と都議会の所信表明で謝罪しても、舛添都知事に対する世論の批判はやまない。そこで、自公は自らへのトバッチリを警戒して、この先は“徹底追及”ポーズに転じるという。

「自公は7日の代表質問だけでなく、8日の一般質問でも厳しく疑惑を問いただす予定です。6日、第三者の弁護士2人による調査結果を公表しましたが、世論の批判が収まることはないでしょう。10日もしくは13日に総務委員会で集中審議が行われる見通しです。ただし、疑惑の内容が多岐にわたるため、1日ではとても終わらない。しかし、今回の定例会は15日が最終日で、参院選があることから延会手続きは取られないでしょう。そこで、総務委は継続審議という形を取り、閉会中審査で集中審議を続けることになるかもしれません」(都議会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る