• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新幹事長の名も 自転車転倒の自民・谷垣氏に“再起不能”説

 趣味のサイクリングで負傷した自民党の谷垣禎一幹事長(71)に、“再起不能”説が浮上した。

 谷垣氏は16日、自転車で都内を走行中に転倒。そのまま都内の病院に入院した。党側は当初、「大きなケガはない。大事を取って入院した」と説明していたが、19日の党総務会を欠席。転院したことも分かった。

「最初に入院した病院は都内でも有数の総合病院で、優秀な医師がそろっている。よほどのことがない限り、転院の必要はないはず。新たな入院先は最新のリハビリ設備が整った病院で、永田町では『脊椎を痛めたようだ。最初に運ばれた病院では手が付けられず、専門の病院に移った。かなり重傷らしい』『再起不能では』とのウワサが一気に広まっています」(与党担当記者)

 党総務会では、細田博之幹事長代行が「党務に支障がないよう、よろしくお願いしたい」とあいさつしたものの、谷垣氏のケガの程度や党務復帰に関する説明はなし。このままでは8月上旬にも行われる内閣改造・党役員人事で影響が出るのは必至で、党内では早くも新たな幹事長として、麻生太郎副総理兼財務相や菅義偉官房長官、岸田文雄外相、二階俊博総務会長らの名が取り沙汰され始めている。

 一方、萩生田光一官房副長官は20日の会見で、谷垣氏のケガの状況について「党がしかるべき時期に公表する。(党役員人事についても)直接の影響はないと思う」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る