菅長官と対立し“更迭”か 麻生財務相「辞める」発言の真相

公開日: 更新日:

「オレは8月でいなくなるから」

 来月3日に予定されている内閣改造で、麻生財務相が「大臣を辞める」と周囲に話しているという。何が理由なのか。

「安倍総理が増税の再延期と、それでも解散総選挙はしないことを決めた時も、『やってられねぇよ』とキレまくっていました。その後、総理とは手打ちをしたと聞いていたのですが、今回の参院選で、また怒りがブリ返してしまったようなのです」(財務省関係者)

 麻生派は神奈川選挙区で、自民推薦で立候補して当選後に党が追加公認した中西健治氏を全力で支援していた。

 ところが、神奈川県選出の実力者である菅官房長官は公明党候補に肩入れし、自分の後援会組織もフル稼働。その甲斐あってか、改選4議席のうち、公明候補は2位で当選。中西氏は何とか最後の議席に滑り込んだものの、次点の共産党候補に追い上げられてギリギリの当選だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る