豊洲市場は大渋滞必至 ターレー1時間500台殺到の異常事態

公開日: 更新日:

 都知事選で、鳥越俊太郎氏に続き小池百合子氏まで築地移転問題に言及したことで、いよいよ豊洲新市場の11月開場が怪しくなってきた。

 日刊ゲンダイは度々、豊洲の問題点を追及してきたが、また新たな“欠陥”が発覚した。物流動線が貧弱なため、市場内で“大渋滞”が発生するのは必至な状況なのだ。混乱は避けられそうにない。

 築地では魚介類を取り扱う卸売場と仲卸売場は、ピタリと隣り合っている。扇状に弧を描く仲卸売場の外周を、卸売場が包み込むようなイメージだ。一方、豊洲では北側に位置する「水産仲卸売場棟」(仲卸棟)と南側に立つ「水産卸売場棟」(卸売棟)の間を都道315号が走り、両棟を隔てている。2つの建物をつなぐのは、たった4本の「連絡通路」のみ。通路の幅は12~36メートルとなっている。

 1日当たり1779トンの取引量(2013年)を誇る築地では、2143台(同)のターレー(小型の運搬車)と437台(同)ものフォークリフトが稼働する。市場関係者によると、「ピークの時間帯だと、1時間当たり400~500台のターレーが豊洲の連絡通路に殺到することになる」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る