補修のたび物流ストップ 豊洲市場の“大動脈”は雨漏り必至

公開日:  更新日:

 小池百合子都知事が16日に現地を視察、豊洲新市場の開場延期をにおわせたことで、注目が集まる築地移転問題。日刊ゲンダイは約2カ月にわたって豊洲新市場の欠陥を再三追及してきたが、問題点は尽きない。今回は「仲卸売場棟」と「卸売場棟」をつなぐ「連絡通路」があまりの安普請で、容易に“封鎖”に追い込まれる恐れがあるというのだ。

 豊洲新市場は、北側に位置する仲卸売場棟と南側に立つ卸売場棟が、東西を走る315号によって分断されている。両棟をつなぐのは、別図の通り建物の1階部分に設置された4本の連絡通路のみ。315号の高架の下をくぐるのだが、屋根の一部は外にさらされている。

■屋根には簡単に切れ目が入るシート防水

 問題なのは、外にさらされた屋根が、ほぼ真っ平らなこと。東京都の中央卸売市場・新市場整備部によると、屋根の勾配は2メートルにつきたった1センチ下がるだけだという。シート防水を施しているというが、ひとたび雨が降れば水たまりだらけになってしまう。汚れもたまりやすい。苔むし、雑草が茂れば、衛生管理を売りにした豊洲新市場は形なしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る