• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

補修のたび物流ストップ 豊洲市場の“大動脈”は雨漏り必至

 小池百合子都知事が16日に現地を視察、豊洲新市場の開場延期をにおわせたことで、注目が集まる築地移転問題。日刊ゲンダイは約2カ月にわたって豊洲新市場の欠陥を再三追及してきたが、問題点は尽きない。今回は「仲卸売場棟」と「卸売場棟」をつなぐ「連絡通路」があまりの安普請で、容易に“封鎖”に追い込まれる恐れがあるというのだ。

 豊洲新市場は、北側に位置する仲卸売場棟と南側に立つ卸売場棟が、東西を走る315号によって分断されている。両棟をつなぐのは、別図の通り建物の1階部分に設置された4本の連絡通路のみ。315号の高架の下をくぐるのだが、屋根の一部は外にさらされている。

■屋根には簡単に切れ目が入るシート防水

 問題なのは、外にさらされた屋根が、ほぼ真っ平らなこと。東京都の中央卸売市場・新市場整備部によると、屋根の勾配は2メートルにつきたった1センチ下がるだけだという。シート防水を施しているというが、ひとたび雨が降れば水たまりだらけになってしまう。汚れもたまりやすい。苔むし、雑草が茂れば、衛生管理を売りにした豊洲新市場は形なしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る