日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明」など。

副大統対決は“良識アピール”の共和党ペンスが10対7で勝利

 引き立て役――。副大統領候補を一言で述べるとそうなる。副大統領候補の名前がヒラリーとトランプよりも多用されることはないし、有権者が副大統領候補をより重視して投票することもない。そのため民主党ティム・ケーンと共和党マイク・ペンスが討論会で大きなミスをしたところで、11月8日の投票…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事