小池知事は意欲も 東京五輪“携帯リサイクル”メダルに盲点

公開日: 更新日:

 ケータイが五輪のメダルになる――。小池都知事は4日、職員向けの新年あいさつで、携帯電話の中に含まれている金・銀・銅などの「都市鉱山」で2020年東京五輪のメダルを作る意欲を示した。すでに五輪組織委で検討が進められているといい、「メダルの原材料すべてをリサイクル金属でまかないます」(組織委の戦略広報部)と鼻息が荒いが、本当にそんなことができるのか。

 小池知事は12月29日のツイッターで、「2020東京大会でのメダル5000個に必要な“都市鉱山”は携帯で最低500万台」と書いている。携帯大手3社の昨年度1年間の回収台数は合計約670万台。来年春のメダル製造まで、回収期間は1年以上ある。

■現状の回収率では間に合わない

 一見間に合いそうだが、盲点もある。小池知事の言う500万台は、出来上がったメダルに含まれる金属の量からの試算。実際は、メダル製造工程でロスが出る。ロンドン大会ではその4倍程度の原材料が必要だった(11月9日の組織委理事会の資料)というから、単純計算で、2000万台が必要となる計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る