ハリー杉山
著者のコラム一覧
ハリー杉山

タレント、キャスター。日本語、英語、中国語、フランス語の4カ国語を話す日英ハーフ。

興味津々…北の問題をシェークスピア悲劇と重ねる英国民

公開日: 更新日:

 金正男氏が暗殺され、また北朝鮮に国際社会の注目が集まっている。

 イギリスの高級紙「ガーディアン」の日曜版オブザーバー紙も、〈中国しか北朝鮮の有害な政策を止めることができない〉とのタイトルで大きく扱っている。興味深いのは、〈もうワシントンに頼っても意味がない〉とまで書いていることだ。ご丁寧に、アメリカの過去の失敗も羅列している。

〈国連による度重なる制裁は効いていない〉〈人質外交に振り回され、金正恩の虚栄心を満足させただけ〉と断じ、オバマ政権についても〈戦略的忍耐政策で失敗した〉と批判、さらに、男同士でバーガーを食べながら核交渉したいと口にしたトランプ大統領に対しては〈もはや論外。北朝鮮に対しては無知〉といった具合だ。

 たしかに歴史を振り返ると、アメリカの対北朝鮮政策は見事に失敗している。失敗した原因は、“懐柔”するのか、それとも“強硬手段”を取るのか、どっちつかずの中途半端だったからかも知れない。その間、北朝鮮に核開発の時間を与えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る