ハリー杉山
著者のコラム一覧
ハリー杉山

タレント、キャスター。日本語、英語、中国語、フランス語の4カ国語を話す日英ハーフ。

興味津々…北の問題をシェークスピア悲劇と重ねる英国民

公開日: 更新日:

 金正男氏が暗殺され、また北朝鮮に国際社会の注目が集まっている。

 イギリスの高級紙「ガーディアン」の日曜版オブザーバー紙も、〈中国しか北朝鮮の有害な政策を止めることができない〉とのタイトルで大きく扱っている。興味深いのは、〈もうワシントンに頼っても意味がない〉とまで書いていることだ。ご丁寧に、アメリカの過去の失敗も羅列している。

〈国連による度重なる制裁は効いていない〉〈人質外交に振り回され、金正恩の虚栄心を満足させただけ〉と断じ、オバマ政権についても〈戦略的忍耐政策で失敗した〉と批判、さらに、男同士でバーガーを食べながら核交渉したいと口にしたトランプ大統領に対しては〈もはや論外。北朝鮮に対しては無知〉といった具合だ。

 たしかに歴史を振り返ると、アメリカの対北朝鮮政策は見事に失敗している。失敗した原因は、“懐柔”するのか、それとも“強硬手段”を取るのか、どっちつかずの中途半端だったからかも知れない。その間、北朝鮮に核開発の時間を与えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

  2. 2
    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

  3. 3
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  4. 4
    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

  5. 5
    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

もっと見る

  1. 6
    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

  2. 7
    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

  3. 8
    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

  4. 9
    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

  5. 10
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に