ハリー杉山
著者のコラム一覧
ハリー杉山

タレント、キャスター。日本語、英語、中国語、フランス語の4カ国語を話す日英ハーフ。

興味津々…北の問題をシェークスピア悲劇と重ねる英国民

公開日:  更新日:

 金正男氏が暗殺され、また北朝鮮に国際社会の注目が集まっている。

 イギリスの高級紙「ガーディアン」の日曜版オブザーバー紙も、〈中国しか北朝鮮の有害な政策を止めることができない〉とのタイトルで大きく扱っている。興味深いのは、〈もうワシントンに頼っても意味がない〉とまで書いていることだ。ご丁寧に、アメリカの過去の失敗も羅列している。

〈国連による度重なる制裁は効いていない〉〈人質外交に振り回され、金正恩の虚栄心を満足させただけ〉と断じ、オバマ政権についても〈戦略的忍耐政策で失敗した〉と批判、さらに、男同士でバーガーを食べながら核交渉したいと口にしたトランプ大統領に対しては〈もはや論外。北朝鮮に対しては無知〉といった具合だ。

 たしかに歴史を振り返ると、アメリカの対北朝鮮政策は見事に失敗している。失敗した原因は、“懐柔”するのか、それとも“強硬手段”を取るのか、どっちつかずの中途半端だったからかも知れない。その間、北朝鮮に核開発の時間を与えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る