押収量1年で16倍に 覚醒剤密輸「台湾ルート」急増のなぜ

公開日: 更新日:

 覚醒剤の密輸ルートが劇的に変化した――。

 警察庁がまとめたデータによると、2016年の1年間に密輸で押収された覚醒剤の量は1428.4キロ。統計を取り始めた02年以降、最多となった。

 注目はそのうちの72%に台湾の薬物犯罪組織が関与していたこと。押収量は15年は63.2キロだったが、16年は1028.5キロと、1年で約16倍もの急増である。

 覚醒剤の密輸というと、これまで北朝鮮や中国から運ばれるケースが多かった。なぜ台湾ルートが活発化したのか。

「日本海の取り締まりが厳しくなったからです」とは裏社会に詳しいジャーナリストの鹿島一男氏だ。

「日本に入ってくる覚醒剤の多くが北朝鮮と中国で製造されているのは変わりません。ただし海上輸送のルートが変わったのです。警察が日本海を厳しく取り締まるため、中国や韓国を経由して輸送することが難しくなった。そこで台湾に運び、そこから沖縄に密輸するようになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る