世界で30万件…大規模サイバー攻撃にチラつく北朝鮮の影

公開日:

 世界中で猛威を振るうサイバー攻撃。英国の病院やドイツの鉄道会社などが被害に遭い、日本でも日立製作所やJR東日本、茨城県の総合病院などが攻撃を受けた。被害は150カ国、30万件に広がっている。グローバルの度合いと規模の大きさ、同時多発性がハンパじゃない。一体、誰が何の目的でやっているのか。

 ITジャーナリストの三上洋氏は、「金儲け目的の犯罪組織」とみる。手口は、「ワナクライ」という新種のウイルスをPCやサーバーに感染させるもの。ウイルスに感染するとPCが動かなくなり、元に戻す見返りとして日本円で3万~6万円相当のビットコインを要求される。こういったウイルスを一般的に「ランサム(身代金)ウエア」という。今回はウイルスが「自己増殖機能」を持っていたため、一気に拡散したとされる。

「ランサムウエアを使ったサイバー攻撃は、ここ2、3年は比較的、ロシア系の犯罪組織の犯行が多かった。今回もロシア系の仕業との指摘がありますが、一概にそうとも言えません。私は、安全な環境下で、ワナクライの動作テストを見ましたが、ロシア系とおぼしき手口の特徴は見られませんでした。情報が錯綜しており、誰が手を下したのか、なかなか見えてきません」(三上洋氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る